婚活パーティーなら自衛隊の人と出会える

sozai_17225_R.jpg近頃、街コンや合コンの他に婚活パーティーが多く開催されています。

少し前までは婚活パーティーやお見合いは、参加するのに少し抵抗があるようなものでした。

が、最近では友達と一緒に参加したりして、出会いのばを楽しむ人が増えてきたのです。

自然に出会えるのが一番の理想ですが、なかなか難しのが現状。

草食系男子が多くいる現代では待っているだけでは、交際に結びついたり結婚に行き着くのが難しくなってきました。

また、どういう人か分からないまま交際するよりは、婚活パーティーやお見合いは、相手の経歴や職業がわかるので、自分自身が納得して交際をすることができます。

出会いのきっかけが何にしろ、本当に自分に合った人と出会えるのが一番です。

女性の中では、男性の職業に魅力を持っている人も多くいます。

特に自衛隊の人と交際したいという思いの人は多くいます。

でも自衛隊の人と出会ったり交際するというのは、自分の友達にいないとなかなか出会うことのできない職種の人たちです。

自衛隊の人も出会いがなくて婚活パーティーなどで出会いを求めていますから、こういうパーティー出会う可能性は大いにあります。

色々な人と交流をもつためには、婚活パーティーに参加してみると出会えるでしょう。

日常から一歩踏み出す勇気を持とう!

理想の男性を追い求めて、なかなか結婚に踏み切れない人は多いと聞きます。

そもそも「理想」ってなんでしょうか?

Fotolia_22924296_Subscription_L_R.jpg年収○○万円以上、身長○○cm以上、太目の人、薄毛の人はイヤ・・などなど、結婚相手に求めるどうしても譲れない条件というのは人それぞれあるものです。

しかし、相手に条件を求める前に、まず自分自身を客観的にみる必要があります。

自分自身がとれほどの人間なのか。

相手に何か求める前に、自分自身を見つめなおすことが必要です。

100%自分の理想にぴったりな完璧な人など、まず現れません。

すべてを兼ね備えた、あなたにとっての白馬の王子様はこの世の中に存在しないのです。

「出会いがない」そう嘆く人もいるでしょう。

まずはいろんな人と出会うこと、いろんなタイプの異性を見ておくことが必要だと思います。

友人が誘ってくれる食事会やパーティー、同窓会などには、気乗りがしなくてもとりあえず顔を出してみる。

親と同居しているなら一人暮らしを始めてみる、ボランティアに参加してみる、習い事を始めてみる・・などなど、日常とは一味違う活動に一歩踏み出してみる、それが大切です。

友人や親族に、「誰か紹介してあげる」と言われたら、あまり乗り気じゃなくてもとりあえずあってみてはいかがでしょうか?

会ってみて、意外と波長があったり、予想外に楽しい時間を過ごせるかもしれません。

まず日常から一歩踏み出す勇気を持つ、それが婚活の第一歩です。

例えば結婚相談所の比較なんてのもいいかもしれません。

婚活サービスのメリットは、出会うはずのない異性と出会える可能性があることです。

日常とは違った出会いがあるかもしれませんよ!

今の旦那は私の教育担当でした

会社に勤めて5年、新入社員時代の教育担当の一個年上の先輩だったのが今の夫です。

最初はただの先輩、むしろ怒られてばっかりで怖いとさえ思っていました。

しかし、時間が経つにつれ、尊敬まなざしから憧れの男性へと変わっていきました。

ind011-s.jpg

月日は流れ、入社から約一年、彼が私の指導役から終わる日も近づいてきた頃、彼といる時間が減ってしまうことを想像したらとても悲しくなってしまった自分に気づきました。

そして、一年間の終わりに同じ部のメンバーでお疲れ様会を開いてくれました。

一次会が無事終わり、彼とちょうど同じ方面だったので一緒に帰ることになりました。

すると、彼が二人で二次会をしようかと言ってくれたので、適当なバーに行きました。

そのとき、いつも会社では苗字にさん付けで呼ばれていたのですが、下の名前で呼んでもいいかと聞かれました。

その理由を聞くと、これからは部下としてではなく、一人の女性として付き合っていきたいと予想外の告白をしてくれました。

それから社内恋愛で秘密の交際をはじめ、彼の仕事も順調に進み、会社内で責任ある役職を任されるようになりました。

そして付き合って4年目を迎えた日、記念あのときに適当に行ったバーに行きました。

そこで彼からプロポーズを受けました。

とてもうれしくて思わず泣いてしまいました。

今でも彼と結婚できて本当によかったと思っています。

なんでも言い合える同級生夫婦

19歳の時、突然中学校の同級生だった男子から電話が来ました。

その男子とは同じクラスになった事があり、塾も同じでしたがあまり会話した事がありませんでした。

でも、その時の電話は会話が弾んでとても楽しくかったんです。次に遊ぶ約束までしました。

ilm16_ad01006-s.jpg

同級生なのに会う度なぜかいつも新鮮な気持ちになり、そしていつも気負わない自分が出せて本当に楽しかったんです。

こんな風にずっと仲良く過ごしていけたらなあと思っていたら、友人に「いつも一緒にいて楽しいんだから、それってきっと好きなんだよ。」と言われ、その言葉で自分の気持ちに初めて気付いたんです。

その数日後、人生初めて私から告白。答えは「OK」でした。それが、今の旦那です。

そんな付き合いが3年位経った頃、私は仕事の人間関係で悩んでいてこのまま結婚に逃げたいなと考えたりし始め、それとなく聞いてみたりしました。

すると、収入が安定しないからまだ出来ないと言われました。

もしかしたら、このまま一緒になれないんじゃないかと思いました。

それから2年たった12月23日温泉旅館でちょっと早いクリスマスを過ごしていた夜、突然指輪を渡されプロポ-ズ。

その日まで全く気付かなかった私。

あれから、結婚の事も考えないようにしていたので本当にビックリしましたし、とても嬉しかったです。

いつも優しくてありのままの自然な雰囲気が大好きだったし、この人とだったら一緒にずっといたいと思ったので「宜しくおねがします」とその場で伝えました。

それから、結婚10年目

同級生夫婦に3人の天使が舞い降り、毎日騒がしいですが幸せいっぱいに暮らしています。

最近よく考えるのは、同級生の旦那と結婚していなかったらどうなっていたか?・・・ということです。

多分、結婚相談所とか婚活サービスを利用してお相手探しをしてただろうなって思います。

そんなことを考えていると、婚活ってどんなのか興味が出てきていろいろ調べてみましたwww

このサイトが参考になりました。

って、参考にしてどうするんだって話ですよねwww

悪友との縁を切ってくれた結婚です

主人と結婚して今年で8年目です。

交際3年を経て結婚しました。

もともとは親友の紹介で出会いましたが、その頃は友達という感じで、お互いに交際までは発展しませんでした。

その後、親友と主人が付き合いましたが、私はさほど気にすることもなかったです。

数年後に、私は当時同棲していた彼氏と別れて、実家に帰ってきました。

その頃には、親友も主人との付き合いが上手くいかず別れていました。

数ヵ月後、何気なく電話で主人と話していて付き合うことになりました。

主人と付き合うことになって、親友とは気まずくなりました。

連絡が一切途絶えていましたが、密かに親友が主人に連絡をとっていたことが分かりました。

どうやらその頃、親友は今彼とも上手くいかず、元彼を思い出していたようです。

裏切られた気がして、私は激怒しましたが、そのうち面倒になって主人と別れようと思いました。

もちろん、別れたからといって親友との友情が戻るわけではありません。

悲しいですが、いくら女性同士の友情が厚くても、本気で好きになった男性をめぐっては、壮絶な戦いになります。

結果的に、その親友とは2度と会わなくなりました。

その後、主人は親友ではなく私を選びました。

親友が浮気をするタイプで、ウソが多い性格だということを、私も主人も知ったからでした。

この親友は、今考えれば悪友で、すったもんだあったおかげで悪い縁が切れたので、主人にはとても感謝しています。

若気の至りということで、私たち夫婦にとって今では笑い話になっています。