2013年12月アーカイブ

今の旦那は私の教育担当でした

会社に勤めて5年、新入社員時代の教育担当の一個年上の先輩だったのが今の夫です。

最初はただの先輩、むしろ怒られてばっかりで怖いとさえ思っていました。

しかし、時間が経つにつれ、尊敬まなざしから憧れの男性へと変わっていきました。

ind011-s.jpg

月日は流れ、入社から約一年、彼が私の指導役から終わる日も近づいてきた頃、彼といる時間が減ってしまうことを想像したらとても悲しくなってしまった自分に気づきました。

そして、一年間の終わりに同じ部のメンバーでお疲れ様会を開いてくれました。

一次会が無事終わり、彼とちょうど同じ方面だったので一緒に帰ることになりました。

すると、彼が二人で二次会をしようかと言ってくれたので、適当なバーに行きました。

そのとき、いつも会社では苗字にさん付けで呼ばれていたのですが、下の名前で呼んでもいいかと聞かれました。

その理由を聞くと、これからは部下としてではなく、一人の女性として付き合っていきたいと予想外の告白をしてくれました。

それから社内恋愛で秘密の交際をはじめ、彼の仕事も順調に進み、会社内で責任ある役職を任されるようになりました。

そして付き合って4年目を迎えた日、記念あのときに適当に行ったバーに行きました。

そこで彼からプロポーズを受けました。

とてもうれしくて思わず泣いてしまいました。

今でも彼と結婚できて本当によかったと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9